ワンダーランドいえしまを満喫するコース

ワンダーランドいえしまを満喫するコース

いえしまコンシェルジュ中西が「よそ者」の視点でいえしまの魅力を紹介します。 いえしま初心者のための、いえしまの魅力をギュッと詰め込んだまちあるき。 見て、知って、歩いて、感じる。 言葉では伝えることができない『いえしまの不思議な魅力』を感じてください。

おひとり料金4,500円

開催時期通年

催行人数1~8名

所要時間約3~4時間(※1)

集合場所真浦港(※2)

金額は税込です。

※1 お客様のご都合にあわせます。開始時間、終了時間等、ご相談ください。
※2 他をご希望の場合は事前にご相談ください。

こんな方におすすめ!

  • 名前は聞いたことがあるが、いえしまを訪れたことがない。
  • 人が好き。
  • のんびりした雰囲気が好き。
  • 時間を気にせず、ブラブラするのが好き。

採石を知る

「採石」はいえしまを語る上で最も重要なキーワードかも知れません。
「採石」とは山を削って、石を採ることです。
削り取られた石はたいてい、建築工事や土木工事の基礎として使われます。
いえしまでは、この「採石業」が古くからの主要な産業でした。
目にするアレもコレも、実は「採石」と関係していたりします。
いえしま不思議な風景のワケを「採石」というキーワードを基に紐解きましょう。

島の時間を感じる

島には島の時間が流れています。
店の中で井戸端会議を始める主婦。道端で話し込むおばあちゃんたち。
堂々と昼寝する猫。
ゆったりと流れる雲。眠気を誘う波の音。鳥たちのおしゃべり。
すべてのものが島時間で動いています。
それこそが都会とは違う大きな魅力であり、「贅沢な時間」となります。
その心地よさに浸りすぎて、都会に帰って、その速さに流されないようにご注意を。

人を感じる

生活環境によって、人の性格というのは変わると思います。
瀬戸内海の気候、離島という条件、採石や漁業を生業にしてきたこと、何がこのいえしまの人々をそうさせたのかはわかりませんが、まあ明るい。
そして、おせっかいでお世話好き!特に調子がいい時のおっちゃん・おばちゃんに引っかかると、手に負えなくなることもあります。
しかしそれは「島で暮らすためにはタフでないといけない」ということでもあります。
そんないえしまに暮らす人々のパワーを少しだけ感じてみましょう。

ガイドに関するお問い合わせはこちら