トップ > いえしまコンシェルジュとは

お電話でのお問い合わせ 079-240-9138

中西和也の自己紹介

中西和也
中西 和也/ナカニシ カズヤ
1985年生まれ
大阪市出身

熊本の大学を卒業後、2級建築士の免許を取得。
土木施工管理会社や都市計画系のシンクタンクに所属。
その間に、フリーター・ニート生活も経験(!)
2009年10月NPOいえしまの企画"ゲストハウスプロジェクト"でいえしまと出会い、衝撃を受ける。
2010年8月家島にある「割烹旅館 志みず」にてインターンを経験し、いえしまにのめり込む。
2011年4月家島に移住。「海の家中村荘」で働きながら、"いえしまガイド"の準備を進める。
2011年10月"いえしまガイド"を開始。

これまでの経緯といえしまへの思い

人口は減っていくのに、建築って必要??

「なぜ、日本の人口は減っていくのに、まだ新しい建物を建て続けなければいけない?」僕は大学で建築を学びましたが、考えれば考えるほど、この疑問が頭について回りました。そのために、素直に建築業界に身を置く事ができず、もう少し広い都市という視点から人口減少社会に向き合うことにしました。

働きながら、これからの日本の都市を考えると、どうも"大都市の存在"に違和感を感じ始めました。というのも、人口減少が顕著なのは地方都市なのです。多くの地方都市の衰退があって、ようやく大都市に影響がある。ということは、地方都市こそ、今後の日本における先端地域であると言えます。

いえしまとの出会い

そういったことを考えていた折、ちょうどNPOいえしまの企画"ゲストハウスプロジェクト"を知りました。"いえしまコンシェルジュ"という、いえしまの総合的な観光コーディネーターを養成し、地域の空き家をゲストハウスとして活用するという趣旨です。

離島はまさに地方都市の中の地方都市。今後の日本における最先端に触れられる!!と思い、気合を入れて参加したのですが、実際にいえしまに着いてビックリ!!離島というイメージから遠くかけ離れた町の風景。間違いなく美味しい魚!そして何より、NPOいえしまのメンバーが強烈・・・。

不意打ちを喰らった感じでしたが、打ち所が良かったのか悪かったのか、そんないえしまの不思議な魅力にとりつかれました。

いえしまへの思い

そんなこんなで、いえしまにのめり込むようになったのですが、もっともっといえしまの海のこと、魚のこと、人のこと、風景のこと、歴史のことを知りたいと思い、2011年4月に移住しました。

いえしまの風景・魚・人はとても魅力的で、知れば知るほど面白いものです。
しかし、その魅力のほとんどは人々の生活と密接に関連しているため、誰かに説明してもらわなければ分からないものです。おそらく、ふらっといえしまに来ても、何だか不思議な町ということはわかると思いますが、その理由はわかりにくいと思います。

そこで、こんなに面白いいえしまを多くの人に知ってもらいたい!という思いから、"いえしまガイド"を始めました。

いえしまにおいて牧歌的な生活、いわゆる田舎暮らしがしたいわけではなく、人口減少社会の地方都市におけるライフスタイルのひとつのあり方を提案できればと思って活動します!

刺激を受けた人やもの

色んな人との出会いによって、いえしまに辿り着き、"いえしまガイド"を始めるに至りました。
そんなお世話になった方や刺激を受けた方々を紹介いたします。(順不同・敬称略)

ねねやん(Himeji 588 GuestHouse

ねねやん

いえしまコンシェルジュメンバー。
この笑顔と行動力で、大阪・姫路において、とてつもなく広い人脈を持っています。
そして、その幅広い経験からいつも的確な助言をしてもらっています。感謝!!
でも、自分のことになるとちょっと抜けている所があるのが、またキュートな所。
2011年11月25日、姫路城近くでゲストハウスをオープン。
その名も「Himeji 588 GuestHouse ひめじガハハゲストハウス」。
今後、いえしまも含めた姫路にとってどのような場になるのか、とても楽しみです!

ばたちゃん

ばたちゃん

いえしまコンシェルジュメンバー。
ねねやんからの紹介で、コンシェルジュ養成講座を受けていないのに、とても積極的に活動に協力してくれています。

釣り好き料理好きなので、それらに関して教えてもらうこともよくあります。
お酒目当てで出歩くことが好きなようで、姫路のあちこちに出没しているそうです。
最近は飲みすぎを反省して、おとなしくしているみたいですが・・・。

ねーねーさん

いえしまコンシェルジュメンバー。
元いえしまっ子で、現在は姫路にて人気のアロマのお店を開いておられます。
そのお店、残念ながら男性はNG。。。
地元いえしまの事にも精通しており、経験の豊富さから様々なアドバイスを頂いています。
現在、育休中。復帰後は、ぜひ手伝ってもらいたいです!

おりえさん(1166バックパッカーズ

おりえさん

長野で人気の「1166バックパッカーズ」というゲストハウスのオーナー。
実は、いえしまコンシェルジュのメンバー!
ゲストハウスという場所を基点に、人がつながる様々な楽しい企画を仕掛けています。
いつも個性的な人が集まっている印象で、必ずまた訪れたい気持ちになるゲストハウスです。

イッシー君(東京ゲストハウスtoco.

イッシー君

イッシー君とは、1166バックパッカーズを通じて知り合いました。
このおふざけ好きな青年が、実は、東京の「toco(トコ)」という外国人に人気のゲストハウスの経営者の一人です。
年齢は僕よりも若いのですが、ビジネスやゲストハウスに対する考え方は芯の強いものを持っていて、その思いを伝える能力も長けています。
そういうところにすごく刺激を受け、勉強になりました。
まだ行けていないので、tocoにも行かないと。。。 ←2012年11月初訪問しました!!

りっちゃん、けんちゃん(DREAM ISLAND

小豆島で「DREAM ISLAND」というNPOが島歩きをビジネスにしているということを聞き、ぜひ行ってみたいと思っていました。
そのことを聞いて3ヶ月後、実際に「DREAM ISLAND」の島歩きに参加し、担当のりっちゃんと、シーカヤックを担当するけんちゃんにお話を伺うことができました。
同じ離島という舞台で、実際に地域資源を活用してビジネスを成立させていること、その背景と思いを聞き、改めて自分の考えや思いを省みる機会となり、より現実的に考えられるようになりました。
そして、いえしまで出来る島歩きの形を模索した結果、“いえしまガイド”にたどり着きました!
同じ離島。同じ瀬戸内海。おそらく、これから先も何かしらつながる関係だと思っています。

細川さん(イタリアンダイニング茜

細川さんは、丹波篠山にあるイタリアンのお店を経営しており、そのお店ではいえしまで獲れた魚が提供されています。
そのつながりで細川さんと出会ったのですが、実は30分も話していません。
しかし、その短い中で、脱サラして田舎でビジネスを始めようと思ったことを教えてもらいました。その道を通ってきた者として、田舎のしきたりや田舎で暮らすということ、都会とのスピード感の違い、そして田舎でビジネスを興すことに対しての心の持ちようについてアドバイスをもらいました。

そして、勇気をもらいました。
いえしまの魚がどのように料理されているのか、ぜひ一度食べに行きたいなーと思っています!!

Category

いえしま旅行のコーディネート おうちカフェ 家島の特産品 いえしまーけっと

◎AMAZONで買えるオススメの本

いえしまコンシェルジュ 中西和也
〒672-0102
兵庫県姫路市家島町宮109-16
TEL: 079-240-9138
MAIL:info@ieshimacon.com
このページのトップへ